Google検索
プロフィール

けん

  • プロフィール
    名前:けん
    性別:♂
    年代:30代

    管理用


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
リンク
カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--/--/--】 | Trackback(-) | Comments(-)
アメリカの限界
そろそろ来てるんじゃないかね?
気をつけたいところです。

欧州は一足先に魔の手が迫ってるが。。。

欧米はデフレ、日本はインフレ。
これが真のグレートローテーションか?w

日本は確実にインフレ・株高の方向に進むだろう。
大本営の決めた事なので、バカの一つ覚えのように。
しかし、そこに「国民の生活が良くなる」為にはメインには無い。
あくまでも国債・年金などの債務軽減策。

株価を上げるには業績を上げなければならない。
業績を上げるには人件費含むコストカットまたは売り上げを伸ばさなきゃならない。
世界経済が低迷していく中、後者はあまり期待出来ないわけで、業績(株価)を上げる為にはコストを削る必要がある。
過去最高利益のトヨタベア回答なんかが良い例で、空気に合わせて上げたけど相当出し渋ってたよね。


残業代カットなんて話も出てるけど、1000万以上という枠は気付けば無くなっている、または形だけになってる気がします。
そんな所に女性の活用を!外国人労働者を!と来るわけですから、人件費が上がるパイは限られてそうです。
業績が上がれば株主には還元されますが、給料が上がるかと言えばそうでもありませんしね。
現在史上最高値更新中のアメリカ市場ですが、人件費はドンドン下がっています。
稼いだお金はどこに行ってるかと言えば、株主への配当金と自社株買い(株価釣り上げ策)であり設備投資や人件費にはお金が回っていません。
最近は金融緩和で金余りの為か、株も債券も商品も上がるというへんてこな構図になっています。


日本は完全に大本営相場ですが。。。
NISAイマイチ!
んじゃ年金をぶつけよう!
そして流行ってないNISAの枠を広げれば更に資金が集まってくるだろう!
あの手この手を繰り出して株価を持ちあげたいようですが。。。

想定内の「物価・税金上昇>給与上昇」 今のアメリカ、日本の2000年代後半のような実感の無い景気回復となるんじゃないでしょうかね。
関連記事

| アメリカ | デフレ | インフレ | 日本 |

金融資産運用 | 【2014/06/24】 | Trackback:(0) | Comments:(0)


コメントの投稿

トラックバック
http://unyunyumaru.blog118.fc2.com/tb.php/306-6475b08f
スポンサードリンク
ショッピング
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。