Google検索
プロフィール

けん

  • プロフィール
    名前:けん
    性別:♂
    年代:30代

    管理用


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
リンク
カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--/--/--】 | Trackback(-) | Comments(-)
今年もちょいちょい寄付
寄付

今年も東日本大震災関連の寄付をしました。
3/31までが多いので、寄付したい方は急ごう!
延長あるかも!?

日本赤十字社でのインターネット経由の寄付方法

東日本大震災に関する募金・寄付金・義援金&ボランティア情報

スポンサーサイト

| 寄付 | 東日本大震災 |

雑談 | 【2015/01/21】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
リスクを自覚する事の大切さ
リスクに備える

目に見えてるリスク(親世代との比較)
収入↓
貯蓄↓
消費税↑
医療費↑
年金↓
長生き↑
この他終身雇用の崩壊、非正規雇用の増加などなどあげたらキリがない。
収入は相対的に少なくなり、支出するものは大きくなる傾向は変わらないでしょう。

何年も前から言っているけど、親世代と同じ思考では将来必ず困る世の中になっているのです。
国は守ってくれません。
自助努力が必要です。


日々の収支だけを気にしてるだけではとても追いつきません。
10年貯金すれば倍になる世界とほとんど変わらない世界だけ見ても大きな差があります。

収入減→共働きなど収入の入り口を増やす
年金減→要貯蓄・資産運用(自分年金)
医療費アップ→要自前保険の充実


経済的リスクも考えなければならないでしょう。
現在は世界的に株も債券も日欧米が創り出した緩和バブル状態となっています。
株(景気回復)が正しいのか、債券(不景気)が正しいのか。

前者が正しいのであれば、インフレ率・金利などが上がるので不動産やらゴールドやら現物資産を持ってると良いでしょう。
後者が正しい場合、あまり考えたくは無いくらい色々なケースが考えられます。
政府は年金までリスク資産に回してるので、何かあった時の影響はとても大きくなるでしょう。

トータル的に考えると、お金が貯まる術を学ぶ事。(節約では無い)
資産は円に隔たらせず、外貨(NISA活用)や現物資産も持つ事。
終身医療保険くらいはちゃんとした物に入っておく事。(保険料を現在価値で固定させる)

現在の金融緩和で給料が上がって好循環で云々が絵に描いた餅だと気づくべきです。
オリンピックで盛り上がっても、良くて実体感無き景気回復くらいでしょう。
それくらいインフレ・増税圧力の方が強いですし、賃金低下は先進国の現在の流れです。
2014年度を+1.2%の成長を見込んで-0.5%着地するくらいなので、ニュースなどの情報は鵜呑みにしないのがベターです。


「今後暴落した時」NISAでも始めれる準備をしてみては?
私の場合は色々勉強しだしてから6年ほど経過していますが、将来を見越した準備は早ければ早いほど良いでしょう。
NISAは良い点・悪い点あるのでその辺は勉強を。

NISAに関する記事

相場的には2013年の俺は今年の春をキーとしていますし、今現在の相場観も2016年に向けて経済は大混乱を想定していますがどうなるか?w

「リスクを自覚する事の大切さ」の続きを読む==>

| 自助努力 | NISA | 年金 | 資産 |

リスクと保険 | 【2015/01/12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
スポンサードリンク
ショッピング
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。