Google検索
プロフィール

けん

  • プロフィール
    名前:けん
    性別:♂
    年代:30代

    管理用


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
リンク
カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--/--/--】 | Trackback(-) | Comments(-)
【医療費】政府の財政健全化計画、社会保障費の国民負担増大で合意
政府は社会保障費を抑えるための素案を示しました。

具体的には
・高齢者の医療費の窓口負担増加
・高額医療制度の見直し
・ジェネリック薬品の使用率を上げる

など。

老人負担:徐々に負担増
若者負担:徐々に負担増
共に痛み分けではあります。
しかし、気をつけねばならないのは、若者世代は保険料も高ければ、病院に行くことが増えるリタイヤ後の負担も増えるわけです。
医療費負担は増えますが年金は減る事が予測されますね。
現在の年金世代はまだ耐えれるかもしれませんが。。。
働き手世代は真剣に老後も早い段階から考えないといけません。
準備は早ければ早いほど良いのです。

スポンサーサイト

| 財政健全化 | 社会保障費 | 負担増 |

リスクと保険 | 【2015/06/23】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【医療負担増】 医療制度改革法が成立
医療制度改革法案が成立しました。
主な内容は下記の通り。

・紹介状なしでの大病院での受診時に、患者に5000~1万円の定額負担を義務化(16年度)
・保険診療と保険外の自由診療を併用する「患者申し出療養」の範囲拡大に向けた新制度(16年度)
・大企業の社員や公務員の健康保険負担増(17年度)
入院時の食事代の自己負担額を1食260円から460円に引き上げ(18年度)


さて10年後20年後はどうなるでしょう?
そんな所を考えつつライフプランニングしていく必要があります。
未来を見据えた考え方をするのとしないのとでは10年後20年後の世界が大きく変わってくる事でしょう。
今現在は小さな差でも時間の経過とともに加速度的に差が開いていく事になります。

| 医療制度改革 | 入院 | ライフプランニング |

リスクと保険 | 【2015/06/02】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
75歳以上の窓口負担2割へ
<政府方針>
高齢化などによる国の社会保障費の増加を2020年度までの5年間で2.5兆円程度に抑えるよう提起。

<具体策>
75歳以上の医療費の窓口負担割合を2割に引き上げ
高所得者の基礎年金を減額
など

本年度から「高額療養費制度」の自己負担率も引き上げられています。

医療費アップ・年金減額という流れは【確定事項】なので、準備は早ければ早い程良いでしょう。
現役世代の窓口負担4割・高齢者3割なども現実的にあり得ます。
年金が減っていく中での増額なので、今現時点での感覚で未来を考えてしまうと大変になる事が予想されます。

| 医療費 | 社会保障費 | 年金 |

リスクと保険 | 【2015/05/14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
スポンサードリンク
ショッピング
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。